今週のSGH

今週のSGH

 
 

今週のSGH 

関西創価高等学校のSGHの取り組みを随時更新していきます。

Back Number →

2017/3/22 東北フィールドワーク3日目

 3日目は同じくSGH校である仙台二華高校を訪問し、SGH生徒交流会を開催しました。仙台二華高校の先生より学校が目指す人物像や課題研究の取り組みなどを紹介していただきました。1年生が関西創価高校を紹介するプレゼンテーションを行いました。その後、それぞれの学校の2年生が探究活動の成果をまとめたポスターを囲み、ポスターセッションを開催しました。最後にランチミーティングを行い、交流会は終了しました。
 仙台空港より帰阪し、深い学びとなった東北フィールドワークは終了しました。
 
生徒の感想:「僕達、関西創価高校の一年生は学校紹介のプレゼンをさせていただき、二年生の先輩方、また仙台二華高校の生徒はポスター発表をしてくださいました。水環境やストリートチルドレンなど様々な問題についてのものがあり、中には自分が間違って認識していたものもあり昨日学んだものの見方の多様性の大切さを感じました。今回のFWでははじめての土地でその土地でしか学べないことをたくさん学ばせていただきました。今回、代表で参加させていただきましたが、今回学んだこと全てを皆にもれなく、伝えていきたいと思います。」
 
 
 

2017/3/21 東北フィールドワーク2日目

 2日目は東北大学大学院環境科学研究科を訪問。和田山教授より違う視点を持って科学をすることをレクチャーしていただきました。その後4チームにわかれ、ディベートを行いました。「既存の原子力発電は積極的に再稼働すべきか」「Co2の地下貯留を推進すべきか」との論題で学びを深めました。
 午後は、東北大学の研究室訪問をさせていただいたあと、災害科学国際研究所へ行き、「自然災害とビルドバックベター」のワークショップを行いました。
 
生徒の感想:「今日は初めて大学の研究室を訪問しました。土木工学が自分たちの生活に密接にかかわっていることを知り、将来の進路選択にも大いに生かしていきたいと思いました。これまで環境を破壊してきた土木工事も震災を機に大きく変わり、地域にとって、また人々にとって、さらに地球にとってよりよい環境を生み出す土木工事や事業になっていることに感動しました」
 
 
 
 

 

2017/3/20 東北フィールドワーク1日目

 春の陽射しが降り注ぐ東北(宮城)で、20名の東北フィールドワークが本日より始まりました。
 本日はまず石巻へ。石巻では語り部の方の案内で石巻の被災地を歩き、体験をお聞きしました。最後にいまは池となっている昔のご自宅の前まで行き、最愛のお母さんの遺体を見つけた時のお話を伺い、生徒は涙が止まりませんでした。
 その後「がんばろう石巻」の看板を作った方の事務所の二階の会議室で、映像を交え、ご自身の体験をお聞きしました。
 最後にNPO法人「石巻サポート未来」の方が用意してくださった被災時の行動想定のディスカッションを行いました。みな、真剣に話し合い発表し、担当の方も感動していらっしゃいました。
 
 生徒の感想:「非常に学びがいのある、本当に大感動の一日でした。「語り部と歩く3・11」プログラムでは、あんなにも現実味のある心打たれる被災体験を初めて聞きました。被災地では今まで自分は何を知っていたのかと、自分の中の考えを根底からひっくり返されたようでした。今日学んだこと、感じたことすべてを忘れず、自分の中から逃さないようにすべてを吸収したいです。」
 「自ら被災しても他者を励ましたいとの強い思いに心打たれました。テレビでは想像できないくらいの津波被害だったことを知り、すごく怖かったです。私もどんな状況でも他人に笑顔や希望を届けられる人になりたいと思いました。また今は震災後ではなく、震災前だと教わり、関西でも予想されている自身に備えておく重要性も知ることができました。」
 
 
 
 
 
 
 

2017/2/23 2016年度SGH最終研究発表会を開催

 校長による本校SGHの概要紹介のあと、2年生が本年度1年間全員がGRITで行った探求学習のうち「環境」「開発」「人権」「平和」の4分野の代表班による発表が行われました。環境班が「水棲生物と私達との関係性」として水問題、開発班が「トイレの有様」として世界のトイレ問題、人権班が「いじめ撲滅のために」、平和班による「ISISの実態と世界が行うべき対処」の発表を行った。
 続いて、海外フィールドワークメンバーとLCのメンバーが海外フィールドワークの報告を英語で行った。さらに、LCが1年間かけて学んだ内容を「Zero Hunger」「Education for Nuclear Abolition」の2グループが英語で発表。休憩時間には他のLCグループのポスターセッションも行われた。
 本校の小山SGH委員会委員長による研究まとめの報告も行った。
 また、本校SGHの運営指導委員会も報告会終了後に開催された。

 

2017/2/2【海外フィールドワーク】5日目 カリフォルニア大学サンタバーバラ校へ

2/2の午前中は、カリフォルニア大学サンタバーバラ校を訪問し、キャンパスツアーを行いました。
午後からは、本校創立者と対談集「希望の選択」を発刊されている、核時代平和財団のディビッド・クリーガー博とのセッションに臨みました。
クリーガー博士はセッションの冒頭、核廃絶に取り組んでこられたご自身の足跡を語ってくださいました。
続いて、生徒から学校紹介を行い、核廃絶を探究してきたグループによるプレゼンを行いました。
その後の質疑応答では、生徒達に未来を託す思いで、熱く語ってくださいました。
最後に博士は、「リサーチ、プレゼン、そしてなにより訪問ありがとう。
そして、あなたたちが未来になし得ることに先にありがとうと言いたい。
Courage (勇気)、Commitment (努力)、Compassion (思いやり)の3Cを持ち続けてください。」と結ばれました。
多くの皆様にご支援頂き、海外フィールドワークのプログラムを無事終了することができました。
明日のお昼にロサンゼルス空港を出発し、2/4(土)夕刻に、関西国際空港に到着する予定です。
 
   
 

 

2017/2/1【海外フィールドワーク】4日目 アメリカ創価大学、ウォードルフ・スクールへ

2/1の午前中は、アメリカ創価大学を訪問し集中探究科目で学んだ学生達が研究課題別にその成果を発表しあう「ラーニングクラスターフェア」に参加しました。
生徒たちは各ブースをくまなく見学し、研究課題を発表する学生に英語で質問。
課題の解決についてその場でディスカッションする積極的な学びを展開しました。
昼食の後、ウォードルフ・スクールを訪問。
昨日のキャンパスツアーですでに意気投合した生徒達は両校の紹介をするプレゼンからスタート。
校内見学を行い、その後、本校生徒が探究している課題についてディスカッションを行いました。
最後に心温まる交歓会をもっていただき、交流を深めて同校をあとにしました。
その後訪問したグリフィス博物館では、自らの探究課題と宇宙・地球・環境との結びつきを考えることができました。
明日は、カリフォルニア大学サンタバーバラ校を訪問し、核時代平和財団クリーガー所長とのセッションを行う予定です。
 

  

  

 

2017/1/31【海外フィールドワーク】3日目 アメリカ創価大学へ

1/31、アメリカ創価大学を訪問。午前は、昨年交流し、シュタイナー教育で有名なオレンジ郡ウォードルフ・スクールの高校生も参加して、共にキャンパスツアーを行いました。
午後からは、探究グループ毎にアメリカ創価大学の教授の研究室に分かれて、1時間半にわたる特別セッションに取り組みました。
16時からは、元国連事務次長のチョウドリ大使とのセッションを行いました。
冒頭の15分間は関西創価中学校・高等学校の全教室をライブ中継でつなぎ、約1700人の全校生徒に語りかけて頂きました。
大使は、本当の世界市民に育ちゆくために乗り越えなければならない2つのことを申し上げたいと述べられ、「自分の無知を乗り越えること」と「違いを乗り越えること」について言及。
「一人一人が、平和の文化を構築する主体者たれ」と励まして頂きました。
ライブ中継の後は、探究グループ毎にプレゼンを行い、国連での大使の類まれなご経験からくる講評を頂き、2時間を超える特別授業は充実・感動のセッションとなりました。 チョウドリ大使は再会を約してくださり、生徒はさらなる成長を誓い合っていました。
明日は、再びアメリカ創価大学を訪問し、大学の集中探究科目ラーニングクラスターフェアに参加します。
午後には、ウォードルフ・スクールを訪問し、地元高校生と探究分野に分かれてのディスカッションに臨みます。
 
  
 
  
 
 

2017/1/30【海外フィールドワーク】2日目 南カリフォルニア大学へ

1/30、南カリフォルニア大学を訪問し、宗教学の世界的権威であるソニ博士とのセッションに臨みました。
はじめに、本校のSGHプログラムについてのプレゼンを行い、「テロに向き合う対話の力」をテーマに探究してきたチームが発表を行いました。
ソニ博士は、生徒の質疑応答から、「なぜ差別は起きるのか。なぜ世界で紛争は絶えないのか。」について、世界の現状を交えながら、議論を展開されました。
最後に、「一人の声の力はとても大きい。世界に飛び立ち、平和への対話をしていってほしい。」と期待を寄せてくださいました。
その後、創価大学より南カルフォルニア大学に留学中の本校卒業生がキャンパスツアーを行ってくれました。
明日は、アメリカ創価大学を訪問し、元国連事務次長のチョウドリ大使とのセッションを行い、探究課題についてのプレゼンを行う予定です。
 
  
 

 

2017/1/29【海外フィールドワーク】1日目 アメリカに到着 ゲティ・センター、UCLAへ

1/29、高校2年生・3年生の16名が、アメリカでの海外フィールドワークに参加するため、関西国際空港を出発しました。
1/29の午前11時前(現地時間)に、ロサンゼルス国際空港に到着しました。
みんな、元気です。
飛行機の中でも勉強と準備を行っていました。
はじめに訪問したゲティ・センターでは、「世界の報道はこう伝えられる」とのレクチャーを受け、名作を鑑賞。
次に訪問したUCLAでは、学生と今学んでいることや将来の研究目標等を熱くディスカッションしました。
そして、平和学また女性学のリズベス・ガント・ブリトン教授とのセッションは、教室を出て、暖かな陽ざしが降り注ぐ中庭で。
はじめに、「ジェンダー」を探究してきたチームがプレゼンを行い、歴史的な背景や現代の社会事情についてディスカッションを行いました。
最後に教授は、「皆さんは対話の波を起こして、社会を変えていく使命を果たしてほしい」と期待を寄せてくださいました。
 
  
 
   
 
 

2016/11/5【GRIT】(3年)模擬国連:決議に向け、最終リサーチ

11/5、3年生が19日に行う模擬国連の第2回総会に向けて、決議案の最終検討を行いました。 前回の学年模擬国連を経て、ワーキングペーパー(決議案の原案)に自分の国のクローズ(条項)をどう組み込むかを検討しました。 また、次の模擬国連での自分の国の動きの作戦会議も行っています。
19日の第2回模擬国連では、決議を行います。
 
19日の決議の模様は、SGH中間研究報告会として公開いたします。 教育関係者、行政担当者、マスコミ関係者などでご希望の方は こちらからお申し込みください。
2016年度中間研究報告会
 

2016/10/29【GRIT】(3年)第1回模擬国連

3年生356名全員が講堂に集まり、第1回模擬国連を行いました。 模擬国連の議題は、『飢餓の終息に向けた農業分野での国際協力』です。 模擬国連の冒頭で、各地域による基調講演を行いました。 非公式討議(ロビー活動)が始まると、総勢92ヶ国の大使がタブレットを片手に会場内を動き回り、交渉を進めていました。 交渉が成立した国は、早速ワーキングペーパーの作成に取り掛かり、議長の開会宣言から1時間後には、複数のワーキングペーパーが提出されました。 議長より、11/19(土)に開催予定の第2回模擬国連で継続審議を行うことが発表され、第1回模擬国連が終了しました。
 
   
 

2016/11/10【UP】井出明准教授(追手門学院大学)による「ダークツーリズム」講座

11/10 追手門学院大学の井出明准教授による「ダークツーリズム」の講義が行われました。 「広島」というキーワードからスタートし、戦争や災害をはじめとする人類の悲しみという負の遺産を通して、あらゆるものには光と影があることを話してくださいました。 ダークツーリズムの必要性や、現場に行き、考えることの大切さを学ぶ講義となりました。
 
生徒の感想:「あらゆる事象には、光と影という両面があるというお話に基づいて、様々な歴史を見ていくと、まさにその通りだなと思いました。 そして、その影の部分を、未来の光へつなげていく努力が必要だと思いました。」
 
  
 

【GRIT】(2年)弁護士講座

9/17 2年生の各教室に弁護士が参加し、「表現の自由」をテーマとした人権講座が開催されました。
講座の前半では実際に体験し、印象に残っている事件について紹介。後半では、表現の自由についての事例を取り上げ、生徒と白熱の議論を交わした。
 
生徒の感想:「難しい内容だと思っていたけど、法律のことをわかりやすく教えていただいて興味をもつことができた」
「実際の事例を使ってディスカッションして考えることができ、イメージしやすかったです」
 
 

2016/9/15 佐々木諭教授(創価大学)による「開発」講座 3回目

<9/15 創価大学の佐々木教授の講義の3回目(最終回)が行われました。 「将来の課題-持続可能なための開発」をテーマに、国際開発協力のパラダイムが試行錯誤を繰り返しながら、「人間の安全保障」という考え方に変化してきたことを通して話してくださいました。 例えば、共同で使える水道を使った村でも、使い方がわからないため、水道を破壊し、パイプを売ってしまうことがあるなどと具体的な事例を教えていただきました。 また、今後、何を基準として判断していくべきかについての内容が、2014年の創立者の平和提言に掲載されていることを紹介されました。講義が終了後も生徒が列をつくり、できる限り質問に答えていただきました。
誰一人取り残されない、すべての人が尊厳を持って生きていくことができる世界を目指して、勉学への更なる挑戦を決意するUPクラスとなりました。
 
生徒の感想:「開発という言葉は一見工業的な話のように思えますが、これからなお世界の発展に向けて、とても大切な考え方であると思いました。 水について学び、設備や物資を与えることでは不十分で、教えた方々が自分たちの力で生きていく力を育てることが大切であると思いました。
「世界が連帯しての行動を起こす好機なのではないか?というポジティブな考えを持つことができました。 環境問題やエネルギー、経済発展ともっともっといろんな視点から物事を考えなければならないのだと、自分の狭さを実感しました。」
 
 
 

2016/9/10 【GRIT】 フィールドワーク報告 (1年)インタビュー結果発表 (2年)リサーチ (3年)模擬国連準備

 
また、各学年ごとでのGRITも行われました。
 1年生は夏休みにインタビューを行った結果を発表しました。 これはフィールドワークの課題として、関西創価高校のSGHのテーマである4分野「環境」「開発」「人権」「平和」に関わる身近な人に一人一人がインタビューをし、その内容をポスターにしたものです。 そのポスターをもとに、グループの中で発表をし、優秀な作品はクラスで発表をしました。 ポスターはすべて、廊下に貼りだし、他のクラスの掲示を興味深く見ていました
 
2年生は、1年間を通して行っている4分野に関するグローバル問題について、夏休みに調べてきたことをグループでシェアし、3学期の発表に向けての計画をたてていました。
 
3年生は模擬国連のリサーチを行いました。 3年生は11月のSGH中間研究発表会で学年全体での模擬国連を行います。 議題は「飢餓の終息に向けた農業分野での国際協力」。 学年を8地域(各クラス1地域を担当)全92か国にわけて、1チーム4人で1つの国を担当しています。 それぞれの国についてや農業政策についてのリサーチを行っています。 まずは、地域ごとの条項の提言をまとめるべく、DVDを見て基礎知識を学び、リサーチ・ディスカッションを行いました。
 
  
 
 
 

2016/9/8 【UP】佐々木諭教授(創価大学)による「開発」講座 2回目

9/8 2学期2回目のUPクラスは先週に引き続き創価大学の佐々木教授講義をサテライトで受講しました。 今回のテーマは「生命の格差-健康と開発」です。
「生命に格差はあるのか?」との問いかけから始まり、出生児平均余命・5歳未満児死亡率・妊産婦死亡率を見比べ、途上国の死亡要因を考察しました。 そして、それは予防可能であることを確認し、その予防策を考える大変有意義な講座でした。
次回は来週佐々木先生に再度ご来校いただき、講演をしていただきます。
 
生徒の感想:「生命の重みはみな同じであるはずなのに、現実には生命に格差があることが悲しいと思いました。 世界規模で対策をなそうとしていることに感心しました。」
「今後の課題で気になったことは、命の格差がなくなり、医療が充実し、平均寿命が長くなった場合、飢餓や環境問題が引き起こされてしまうのではないかということです。 もし、そういう事態に陥った時、命は平等なのに弱い立場にいる人が見捨てられるのではないかと思いました。真剣に考えていこうと思います。」
 
 
 

2016/9/3.4 グローバルキャンプ開催

9/3・4 高校1年生の希望者124名が、創価大学に留学する留学生を招き、グローバルキャンプを開催しました。
生徒4名に対し留学生が1人のグループを作り、自己紹介、アイスブレイクのゲームを行った後、グローバルイシューについてディスカッションを行い、解決策をポスターにしました。 ポスターのテーマには、「水問題」「大気汚染」「児童労働」「教育問題」などがあり、留学生の国や文化の話を聞きながら、見やすいものにまとめることができました。 そのポスターを教室に掲示し、他のグループのポスターを見て投票を行いました。
また、2日目の昼にはランチパーティーを行い、生徒・留学生それぞれが出し物を披露した。 最後に、閉講式ではさまざまな感想を発表しあい、今後の勉強につなげていきたいと決意をしていました。
 
生徒の感想:「話したいことが言葉にならないもどかしさもありましたが、話した英語が通じたことは今まで感じたことのない喜びになりました。」
「お互いの国の文化や問題についても話すことができコミュニケーションをとる楽しさを知ることができました」
「もっともっと英語を勉強して、世界に友情の輪を広げていかないと強く感じました」
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2016/9/1 【UP】 佐々木諭教授(創価大学)による「開発」講座 1回目

2学期1回目のUPクラスが開催されました。 今回は、「開発ー貧困削減のための取り組み」のテーマのもと、創価大学の佐々木諭教授による講座が行われました。
豊かさと貧困の定義を具体的な国の例で行い、国は豊かになっていても、貧困者は増えているという格差について考えました。 また、「誰も取り残されない社会」との目標についても教えていただきました。
来週、再来週と続く3回シリーズの1回目。生徒たちは来週の講義を心待ちにしています。
 
生徒の感想:「だれひとりおきざりにしない世界をつくるために、私たちが普段の生活で具体的に行動できることはどのようなことなのか、考えて過ごしていこうと思いました。」
「貧困の悪循環により、取り残されてしまっている人がいるとの事実を初めて知り、どうしたらこの悪循環を断ち切ることができるのかと思いました。 そして、その悪循環を自分が断ち切っていけるくらいの知識を身につけたいと思いました。」
 
 

 

BACK NUMBER

2014年度2学期 2014年度3学期    

2015年度1学期 2015年度2学期 2015年度3学期

2016年度1学期

RSS1.0

 

今週のSGH 

関西創価高等学校のSGHの取り組みを随時更新していきます。

Back Number →

 

2017/2/23 2016年度SGH最終研究発表会を開催

校長による本校SGHの概要紹介のあと、2年生が本年度1年間全員がGRITで行った探求学習のうち「環境」「開発」「人権」「平和」の4分野の代表班による発表が行われました。環境班が「水棲生物と私達との関係性」として水問題、開発班が「トイレの有様」として世界のトイレ問題、人権班が「いじめ撲滅のために」、平和班による「ISISの実態と世界が行うべき対処」の発表を行った。
 続いて、海外フィールドワークメンバーとLCのメンバーが海外フィールドワークの報告を英語で行った。さらに、LCが1年間かけて学んだ内容を「Zero Hunger」「Education for Nuclear Abolition」の2グループが英語で発表。休憩時間には他のLCグループのポスターセッションも行われた。
 本校の小山SGH委員会委員長による研究まとめの報告も行った。
 また、本校SGHの運営指導委員会も報告会終了後に開催された。