海外フィールドワーク 平和提言の完成へ! 世界の一流に挑む 探究の旅

「2016-2017年度高校生平和提言」

 


 

■2016-2017年度 高校生平和提言

2,3年生の希望者から選抜されるラーニングクラスター(LC)では、生徒たちが4人程度のチームを結成し、世界的な課題”グローバルイシュー”のなかからテーマを選びチームで研究を行っています。2016年度では選抜された24名の生徒が持続可能な開発目標(SDGs)からテーマを選び、1年間かけて研究・平和提言作成を行いました。

前文および目次

日本の子どもの貧困(Child Poverty in Japan)

飢餓終息に向けた食糧問題の撲滅(Equal Food Distribution to Achieve Zero Hunger)

核廃絶のための教育(Education for Nuclear Abolition)

児童労働を解決するための日本の高校生へ向けた教育プログラム(Educational Program against Child Labour)

教育によるジェンダー平等(Gender Equality through Education)

対話を通してのテロ対策(Dialogue to Counter Terrorism and Create Inclusive Communities)

 

2016-2017年度Learning Cluster活動概要(英語/English)こちら