保存会

蓮保存会

1982年(昭和57年)4月、創立者より「学園に蓮池があったらいいね」とのご提案がありました。
その言葉には、学園を巣立ち社会に出ていく生徒たちに対し「どんな厳しい環境の中にあっても、泥の中に根を張りながらも決して泥に汚されない、強く美しい蓮の花のように清らかな心を持ち続けて欲しい」との限りなく深い愛情が込められています。
蓮保存会のメンバーは、「創立者に代わって蓮の栽培と研究をさせていただいている」という精神で、地域へ、世界へ「蓮の花」を咲き薫らせるロマンに挑戦しています。
蓮の研究 ハス保存会の活動と地域貢献(野鳥・自然環境研究所報告 第1巻第4号)